津市で創業40余年!塗装の専門家がいるお店

増 川 建 装

津市から三重県全域の塗装工事に対応

公式LINEからのお問合せが増えております

木部塗装 サービス詳細

木部塗装

木部のささくれや黒ずみ気になりませんか?

木が傷むと痩せて細くなり、黒ずみは家全体が暗く見えてしまいます。

木はとても繊細なのでこまめにメンテナンスをしてあげてください。

また、木部塗装には造膜系と浸透系の2パターンがありそれぞれにメリット・デメリットがありますので、現在の塗装パターンに応じて塗り替え方法を考えなくてはいけません。


造膜系は単純に塗りつぶし・べた塗りをイメージしてください。

メリットは、塗料で厚みを付けることが出来るので、外部からのダメージに強く持ちも良いです。

デメリットは、せっかくの木目の柄や色目がほぼ消えてしまうことと、万が一木部に水が浸入したとき逃げ場がなく塗膜がフーセンのように膨れたり、傷むとバリっとめくれてきます。

そして次回の塗装方法が造膜系しか選べなくなるということです。
こちらは塗膜を剥離させることで、ほかの塗装パターンも可能ですが費用面と仕上がりを考慮するとあまりオススメ出来ません。


浸透系は膜を作らず染み込ませるのをイメージしてください。

メリットは、塗料を浸透させるため木目を活かし、木本来の良さを引き出し防虫効果も強いです。
また、次回の塗装方法の幅が広くなりある程度の融通が利きます。

デメリットは、膜を作らないため外部からの物理的なダメージに弱いです。
造膜系に比べメンテナンスの周期は少し早いと思います。

造膜系・浸透系どちらにも言えることですが、建物の部位や付帯物の素材・形状によって合う合わないがあると思います。

また、植物性の自然塗料を使うことで浸透性でも高耐久が可能です。
細かい疑問・質問など遠慮なくお気軽にお問合せください。

それでは木部塗装の作業手順を出来るだけ分かりやすく解説していきたいと思います。
※今回は新築や内部の塗装ではなく、外部の塗り替えの場合です。新築や内部の塗装の場合は手順が変わりますので詳しい内容はお問合せ頂き次第ご対応いたします。

1.足場の設置
家全体の塗装または高所作業がある場合は足場が必要となります。


2.高圧洗浄または手ケレン
木の状態に応じて作業します。

傷んだ木はとても繊細です。
無茶な作業をすると破損してしまう恐れがあるので、高圧洗浄の水圧を最低まで下げるか、手で研磨するようにしています。


3.養生
塗装しない箇所をビニールや布テープを使い密封します。


4.下地調整
造膜系の場合は木部フィラーという木部専用下塗り材などで下地を調整します。

浸透系の場合は、汚れ・黒ずみなどの進行具合に応じて染み抜きをします。


5.中塗り・上塗り
造膜系の場合は通常通りべた塗りをして、浸透系の場合は主にキシラデコールを使います。

上塗り後のクリアー仕上げも可能です。


6.養生撤去・チェック
養生撤去をしながら塗膜のチェックや塗り残しがないか確認していきます。

最後に木くずや養生ごみの収集と工具の撤去。


7.お客さまと一緒にご確認・今後のメンテナンスについて
お客さまと一緒に最終チェックをして、今後のメンテナンスなどのお話をさせて頂きます。


8.足場解体
工事完了後、近日中に足場の解体を行います。


 

特徴やメリット

木部が健康的だと御洒落で美しい

最近はDIYなどで誰でも簡単に木部塗装ができるようになってきました。

それだけ需要があるということです。

古い木や傷んだ木でも塗装してあげることで、いつもと少し違った明るい表情をしてくれます。

少しでも長持ちさせたい、健康的な木を維持したいとお考えでしたら、是非プロの職人に御任せください。

木部塗装の事例紹介

こんなご依頼がありました!

津市Kさま邸
木部塗装表彰状

津市白山町にあるおしゃべりはうす白山店さまから、お店と隣接しているご自宅の塗り替えをご依頼頂きました。

塗装して間もないのに、木部の塗膜剥がれが目立つというお悩みでした。

木部だけの塗装でしたので、壁・天井など他の付帯物は汚せません。

壁全面、窓、床、鉢植えなどを養生する仕事がほぼメインでしたので、色を塗りだすとスムーズに工事は進みました。

木部は手の研磨で旧塗膜を剥がし、下塗り、中上塗りとさせて頂きました。

仕上がりに店長さまと奥さまも大変喜んでくださり、とても気持ちのいい仕事が出来ました。

私たちに塗装工事をさせて頂きありがとうございました!

最後に、おしゃべりはうす白山店の店長でもある河野さまの家電に対する愛情と豊富な知識、所有している資格の量は計り知れません。

家電や電気工事などで少しでもお悩みの方は是非、おしゃべりはうす白山店へ!


 

こんなご依頼がありました!

津市Yさま邸
木部染み抜き

Yさま邸は外壁の塗膜剥がれと木部の黒ずみがお悩みとのことでご依頼頂きました。

木部の黒ずみ除去に染み抜きを行い、その後、中上塗りという工程でした。

こちらの写真が染み抜き途中のものです。


現調に伺った時、ご主人さまは少し不安そうなお顔をしていましたが、工事内容・様々な施工法によるメリット・デメリットをお聞き頂くことで納得して少し笑顔が戻られました。

工事完了後はとてもご満足されたご様子で、今度はこっちの建物も塗ってもらおうかなと、とても嬉しいお言葉を頂きました。

Yさま今回は2社の相見積の中から私たちを選んで頂きありがとうございました!

次回、塗り替えの際はまたお会いできることを楽しみにしています。
 

いかがでしょうか。

このように、弊社の木部塗装なら、害虫にも強い美しい木が維持できます。

少しでも興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。