津市で創業40余年!塗装の専門家がいるお店

増 川 建 装

津市から三重県全域の塗装工事に対応

公式LINEからのお問合せが増えております

塗り替えの時期っていつ?

こちらのページでは塗り替え時期を各塗装部位に応じてご紹介いたします。

外壁塗装

外壁チョーキングで手が白くなる

外壁のチョーキング現象↑

外壁塗装剥がれ

外壁塗装剥がれ↑

外壁に付着したコケ

外壁に付着したコケによる腐食↑

外壁目地コーキングの劣化

外壁目地コーキングの劣化↑

外壁は人で例えるなら肌と同じだと私たちは考えています。

経年劣化によって生じるひび割れ、紫外線による退色、その他コケや汚れ塗り替えることでまだまだ若返ることが可能です。
 

外壁の塗り替え時期はお客さまの目と手で簡単にチェックすることができます。

下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。

 

症状1.最近汚れが目立つようになった

経年劣化により塗料の防水機能が薄れ水切れが悪くなっているかもしれません。

雨などの水垢が目立つようになります。

今すぐ塗り替えは必要ないかもしれませんが、近いうち(2~3年ほど)に塗り替えを視野に入れ始めても良い頃かもしれません。



症状2.退色・変色がひどい

紫外線からのダメージが蓄積すると塗膜表面が傷み始め、経年とともに色が徐々に退色・変色し防水機能まで薄れてしまいます。

あまりにも退色・変色が著しい場合は塗り替えをオススメいたします。


 

症状3.コケやカビの発生

塗膜の保護機能の低下が考えられます。

外壁表面に付着しているだけでなく、外壁内部にまでカビなどが発生している恐れがあります。(カビによる影響でアレルギー性疾患もあります)

最悪の場合、構造材から交換しなくてはいけなくなり、工事の規模・費用が大きくなってしまうので注意が必要です。

一度スポンジと市販のコケ洗浄剤を使い水で洗い流してみてください。

それでも落ちない場合は近いうちに塗り替えをご検討された方が良いかもしれません。


 

症状4.壁に触れると白っぽい粉(チョーキング・白亜化現象)

紫外線・雨風の影響で塗装表面を保護する樹脂が劣化することで発生します。

ひび割れ・塗装剥がれなどの要因となるので、必ず一度はチェックして頂きたい項目です。

壁を手でこすり薄い粉が付く場合は3年以内を目途に、しっかり粉が付く場合は早めに塗り替えをご検討された方が良いと思います。


 

症状5.ひび割れ(クラック)

外壁にひび割れが起きている状態。

遠目で見ても気づかないほど些細なひび割れでも雨水は必ず侵入します。

ひび割れ部分の幅0.5㎜、深さ4㎜を超える場合は早めのメンテナンスが必要となります。

百均などにも売ってるシャーペンの芯(0.5㎜)をひび割れ部分に入るかどうかで確認すると分かりやすいかと思います。


 

症状6.塗装剥がれ・膨れ

塗膜の保護・防水効果がほぼ機能していない状態です。

外部からのあらゆるダメージが蓄積して塗膜の限界を迎えており、塗装工事で対応できるギリギリの範囲です。

放置期間が長くなればなるほど、建物の耐久性が低下すると共に資産価値までも低下する恐れがあります。

早急に補修が必要と言えます。


 

症状7.コーキングの劣化・亀裂

コーキングが劣化すると亀裂が発生したり千切れたりすることもあります。

また亀裂部分から雨水が浸入することで外壁材・構造材が腐食し脆くなることも考えられます。

コーキングの劣化具合に応じて、既存コーキングの上から補修する増し打ちと、既存コーキングを撤去した上で補修する打ち替えの2通りが一般的です。
 


以上7つの症状のうち、1つでも心当たりがある場合は詳細へお進みください。

屋根塗装

屋根コケ・塗装剥がれ

屋根の塗装剥がれ↑

屋根は人で例えるなら頭皮や髪と同じだと私たちは考えています。


外壁と同様に屋根も共に傷んでいきます。

365日太陽や雨風から私たちを守ってくれている屋根は、お客さまが考える以上に傷みが進行している場合がありますので注意が必要です。

もちろん屋根も塗り替えることで美しくなり遮熱・断熱・放熱など新たな機能性を付与することもできます。


屋根の塗り替え時期は、最後に塗装した年から数えておよそ10年ほど経過している場合が多いです。

塗り替え時期が近付くと屋根はどうなるのか。

ここでは国内で最も使用されているスレート屋根(コロニアル・カラーベスト)一部トタン屋根を例にしてお話いたします。


下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。

 

症状1.ツヤの有無

太陽の光を反射していたらまだツヤがあるので安心して大丈夫だと思います。

万が一ツヤがなくなったとしても例外を除き今すぐ塗装しなくてはいけないというわけではありませんが、少しでも不安要素がある場合はご連絡頂き次第、早急に対応いたします。

 

症状2.退色・変色

ツヤがなくなり始めると数年で徐々に退色し色褪せていきます。

屋根は紫外線の影響を常に受けているため傷みやすい箇所と言えます。

退色が進み塗膜の防水効果が薄れてしまうことで雨水に大変脆くなります。

著しく色褪せが目立つ場合はそろそろ塗り替えを視野に入れ始めても良いと思います。

 

症状3.コケ・カビ

コケ・カビなどで屋根が緑色やオレンジ色に染まっていませんか?

屋根が傷み防水効果がなくなることで水切れが悪くなっていることが原因の1つかもしれません。
あまり放置しすぎると屋根材の反りや割れに繋がり大変危険です。
屋根材が鉄の場合は錆びにも注意が必要です。

塗り替えをオススメいたします。

 

症状4.ひび割れ・屋根板金の錆び
 

ひび割れは強風で屋根材が飛ばされたり、雨水の浸入を招く要因となります。

また、屋根板金の錆びは雨と混ざり錆び汁を発生させ屋根材に付着することで屋根材の劣化を速めてしまいます。

板金の劣化を含み長年放置すると板金の釘が飛び出して抜けてしまうリスクも高くなります。

錆びに関しては屋根材が鉄の場合でも同じことが言えます。

早急に補修・塗り替えすることをオススメいたします。


 

症状5.屋根材の落下など

天候による屋根材の落下を含め、屋根に関する塗装以外の工事も対応しております。
*但し案件によってはお断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。



以上5つの症状のうち、1つでも心当たりがある場合は詳細へお進みください。

木部塗装

木部塗装剥がれと腐食

木部塗装剥がれによる腐食↑

木部ひび割れ

木部ひび割れ↑

日本の家といえば土・木・竹などの素材を活かした建物が多いですが、中でも木は身近な素材として今も根強い人気を誇っています。

日本家屋だけでなく、建物のアクセントとして様々なタイプの住宅にも使用されていますが、定期的なメンテナンスを怠ると外壁同様に傷んでしまいます。

また、害虫による被害も非常に多いです。


木部に関しては5年~10年周期での点検をオススメします。

下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。


症状1.退色・変色

経年とともに色褪せが目立つようになります。

特に木部は他の部位に比べ傷みが速い傾向にあります。

色褪せ始めたら2~3年ほどを目途に塗り替えを視野に入れ始めてください。

 

症状2.塗装剥がれ・膨れ・ひび割れ

旧塗膜が剥がれたり、ふっくらと膨れている状態で放置すると木材そのものに雨水が浸入し腐らせてしまいます。

また雨水で湿った木材は白アリの大好物ですので注意が必要です。

早めの塗り替えをオススメいたします。

 

症状3.黒ずみ・カビ

人によっては木部は黒ずんでいる方が味があって良いと考える場合もありますが、反対に木部はやっぱり白木や綺麗に着色したいと考える人もいるかと思います。

特殊な工法で白木または綺麗に着色も出来る場合がありますので、一度お問合せ頂ければ早急に対応いたします。

 

症状4.腐食・穴が開いている

こちらは腐食等の進行具合によっては塗装工事だけで対応できない場合があります。

万が一対応できない場合はリフォーム業者さまを手配いたしますので、お気軽にお問合せください。


以上4つの症状の内、1つでも心当たりがある場合は詳細へお進みください。
 

鉄部塗装

鉄部塗装前 錆び

鉄部の錆び↑

鉄といえばお住まいのあらゆる場所に使われています。


錆びると脆くなりますが、事前に調査して錆びる前から定期的に塗装することで、鉄の健康寿命を延ばし、強く丈夫な鉄を維持することが出来ます!

鉄部に関しては錆が出始めたらまず点検をオススメいたします。

下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。


症状1.退色・変色

経年とともに色褪せが目立つようになります。

色褪せ始めたら塗り替えを視野に入れ始めてください。

 

症状2.塗装剥がれ・膨れ

旧塗膜が剥がれたり、ふっくらと膨れている状態で放置すると鉄材そのものに雨水が浸入し腐らせてしまいます。

また雨水で湿った状態が続くと、鉄が傷み続け内部から錆が進行していきます。

早めの塗り替えをオススメいたします。

 

症状3.錆び

錆が出始めたら、既存の塗料が塗料としての機能を果たせなくなり傷みの進行が加速し始めます。

鉄が痩せていくのは嫌だとお考えでしたら、早めの塗り替えをおススメいたします。

 

症状4.腐食・穴が開いている

こちらは腐食等の進行具合によっては塗装工事だけで対応できない場合があります。

万が一対応できない場合はリフォーム業者さまを手配いたしますので、お気軽にお問合せください。


以上4つの症状の内、1つでも心当たりがある場合は詳細へお進みください。
 

室内塗装

室内の天井塗装前

室内天井の塗装剥がれ↑

お部屋の天井・壁の塗装は気分転換にもってこいです!


各部屋ごとに色を変えてみるのも楽しいかもしれません(^^)

ヤニ・汚れなどは塗装することで綺麗になり、ヤニ止め・シミ止めの効果もあります。

下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。

症状1.汚れ

壁・天井のヤニや汚れ目立つ。



症状2.日焼けによる色褪せ

日の当たるお部屋は、クロスなどの色褪せが特に速い傾向にあります。

気になる場合はお気軽にご相談ください。


少しでも興味を持って頂けましたら詳細へお進みください。
 

部分塗装・特殊塗装

津市 木部塗装前

戸袋の塗装剥がれ↑

シャッター塗装前

シャッター塗装剥がれ↑

外壁・屋根の塗装はまだいいけれど、外周りの塀・駐車場のシャッター・門・扉などの塗装だけお願いしたいというお客さまも結構いらっしゃいます。

また、県内の他社さまでは取り扱いが少ない特殊な塗料や塗装も対応しております。

下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。

症状1.塀の劣化

塀とは主に住まいの外周を囲う小さな壁のことを指します。

症状や対策については外壁と同じと考えて頂いて良いと思います。

 

症状2.その他の付帯物の劣化

家の周りには木の付帯物、鉄の付帯物などがたくさんあり、お住まいと同様に傷んでいきます。

症状や対策については木部塗装・鉄部塗装と同じと考えて頂いて良いと思います。


少しでも興味を持って頂けましたら詳細へお進みください。
 

外部洗浄

塗装前の洗浄作業中

駐車場床の汚れ↑

洗浄作業前

玄関屋根の汚れ↑


主婦の方々から大人気の外周り洗浄がお値打ち価格です!


私たち塗装業者は塗装する前に必ず洗浄作業をして、塗装後には必ず清掃を致します。

そこから派生したものがこちらのメニューとなります。

下記によくある症状を簡単にまとめてみましたので、お手すきの際にご自身のお住まいと照らし合わせて頂ければと思います。


症状1.外回りの塀の汚れ

コケや水垢はございませんか?

症状2.駐車場の床の黒ずみ

乾燥時はあまり気付きませんが、雨が降った後に黒ずんだりヌルっとしていませんか?

転倒の恐れがありますので要注意です。




少しでも興味を持って頂けましたら詳細へお進みください。