津市で創業40余年!塗装の専門家がいるお店

増 川 建 装

津市から三重県全域の塗装工事に対応

屋根塗装 サービス詳細

屋根塗装後

屋根は目が届きにくく、傷みの進行具合いがとても把握しにくい場所です。

写真のようなコロニアル屋根(スレート・カラーベスト)は一度傷みだすと進行も早いので10年に一度のメンテナンスをおススメいたします。

また、屋根塗装をご検討されているなら、同時に外壁の塗装もセットでされた方が足場費用も一度で済みますし、長い目で見ると大変お得となります。

それでは屋根塗装の作業手順を分かりやすく解説していきたいと思います。


1.足場の設置
屋根塗装だけの場合でも本来は足場の設置は絶対です。

足場設置の理由は以下の通りです。

1.屋根は高所作業のため作業員の転落事故・工具類の落下防止。

2.足場には塗料や高圧洗浄で取れた汚れや泥が、近隣へ飛散する事故を防止するシートが張ってあります。
屋根の上は風が強く、シートがなければどうしても飛散する可能性が非常に高くなります。


3.足場がないと屋根への昇降をする際に壁や付帯物にハシゴを設置するのがほとんどですが、壁や付帯物に傷が付く場合があります。
また、小分けしても数㎏ある塗料を片手で持ちながらハシゴの昇降は非常に危険です。


以上の3点から考えると、お客さま・近隣さまへの配慮を第一に考えた場合、足場の設置は最低限のマナーだと考えています。

私たちも作業性・品質・安全面を考えると足場は必要不可欠です。

足場が必要ない、または昇降部分のみしか足場は必要ないから工事費が安くできますという言葉には絶対注意してください。

冒頭で述べたように、足場費用は屋根壁共に一式なので、足場を設置するならば外壁の塗装も一緒にされることをオススメいたします。


2.高圧洗浄
屋根に付着したコケ・泥・旧塗膜の剥がれなどを徹底的に洗い落とします。

また老朽化が進む屋根に関しては水圧を上げすぎると破損や割れに繋がりかねないので、その都度水圧を調整しながら作業いたします。

屋根から飛散した汚れなどが付着した箇所も最後に綺麗に洗い流します。


3.下塗り・補修
屋根の棟板金・谷板金など鉄部の錆び止めを行います。

屋根板金の飛び出した釘・シーリングの割れなども補修いたします。

屋根材には2液のエポキシシーラー、傷みがひどい場合には屋根用下塗り材のカチオン系フィラーを使用します。

フィラーは少し厚みを付けることで、傷んで脆くなったコロニアル屋根材の強度を上げ下地調整までしてくれる優れものです。


4.縁切り
上塗り材を塗布すると屋根材の重なり部分を塗膜で塞いでしまい、水の逃げ道がなくなってしまいます。

そんなアクシデントを防ぐため屋根材の重なり部分にタスペーサーという小さな板のようなものを挟んでいきます。

すると屋根材に微かに隙間が開き上塗り材を塗布しても塞がらなくなります。

基本的には下塗り材の塗布後に作業しますが、フィラーなど屋根材に少し厚みを付ける下塗り材を使用する場合は先に隙間を開けておきます。

元々屋根材に隙間が生じている場合(傷みによる反り返りなど)、または上塗り材を塗布しても十分な隙間が確保できる場合は、無理にタスペーサーを挟むことで屋根材を割ってしまう恐れがあるため、この工程は省きます。


5.中塗り・上塗り
屋根の棟板金・谷板金・屋根ともに塗装していきます。 

板金部分だけ色を変えるなどの少し他のお宅とは違った塗装も可能です。
(色が2色になるため工程が少し変わります。この場合別途で料金が必要となります)


6.お客さまと一緒にご確認・今後のメンテナンスについて
外壁なら目で簡単にご確認して頂けますが、さすがに屋根は危険ですので工程写真をお見せいたします。

今後のメンテナンスやフォローに関してお話しさせて頂きましたら工事完了となります。


7.足場解体
工事完了後、近日中に足場の解体を行います。

 

特徴やメリット

屋根材の耐久性の維持

高台からの住宅群

屋根材は天候の影響を受けやすく、ご自身で確認するのは非常に困難と言えます。

コロニアルの耐用年数はおよそ15年くらいとされています。

定期的な点検・メンテナンスをすることでコロニアルの健康寿命を延ばしてあげれます。

健康で耐久性のある屋根というだけで安心感が違います。

永遠に傷まないことは叶わなくても、今よりも長持ちさせたいを叶えるために私たち塗装職人の技術と知恵があるのだと思います。



 

葺き替えより塗り替えのほうが安い

営業中の女性と男性

屋根にも様々な工事がありますが、ほとんどの場合塗り替えが一番安いと思います。

しかし、傷みの進行が著しい屋根材に関しては塗り替えだけでは手に負えず、塗り替えたところで塗料の機能・効果を最大限に発揮できない場合もあります。

そんな時は葺き替え専門の屋根業者さまなどへご相談することをオススメいたします。

それらを含め一度相談だけでもとお考えの方は、お気軽にお問合せください。

電気代の節約

エアコン機器

一度は聞いたことがある方も多いと思いますが、塗料には遮熱・断熱・放熱の機能を備えたものがあります。

これらを塗布することで、室内の温度を一定に保ちやすくなります。

水筒の中で生活していると言うと大袈裟ですが、冷たいものは冷たく、温かいものは温かいままというイメージです。
外気温による室内への影響も塗布前と後では体感して頂けるかと思います。

しかし、窓が多い部屋で日光が入りやすい環境では体感しずらいかもしれません。

屋根塗装の事例紹介

こんなご依頼がありました!

津市Mさま邸
津市,トタン屋根塗装後 

築25年は経過していましたが、15年前に1度私たちが塗り替えをさせて頂いた物件で、今回で2度目のご依頼でした。


工事内容はサイディングとトタン壁の補修及び塗り替え、その他付帯物の塗り替え、トタン屋根の塗り替え、傷んだ軒天井を板金で改修いたしました。

屋根の錆びが気になるとお悩みでしたが、工程写真・仕上がりの写真を見て大変ご満足して頂きました。

Mさまこの度は塗り替え工事をさせて頂きありがとうございました。

 

いかがでしょうか。

このように、弊社の屋根塗装なら、健康で耐久性の高い屋根を維持することができます。

少しでも興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。


最後までお読みいただきありがとうございます。